訪問看護に求められるスキル

MENU

訪問看護の仕事をする為のスキル、経験とは

訪問看護師として働く場合に求められるスキルには、コミュニケーション能力や基本的な看護師技術などがあります。
しかし、訪問看護師として求められるスキルで特徴的なものに、「マネジメント力」があります。病棟では、病気の症状やADLを中心として、看護計画を立てていきます。

 

しかし、訪問看護の対象者というのは、治療や療養が中心の生活ではありません。家族や地域を含めた生活を中心に据えて、それに療養を組み入れていかなくてはいけないのです。訪問看護の利用者の方は、疾病にまつわることにとどまらないで、場合によっては、病気にはよくないかもしれないが、QOLを優先したいという場合もあるのです。

 

そんなとき、訪問看護師であれば、治療を常に優先するような対応をしていてはいけないのです。病棟で行っていた看護を、在宅に持ち込むだけではいけないのです。
利用者の目標を達成することや、療養のバランスをとっていくことが大切になってきます。
もちろん、それを訪問看護師一人で考えていくのはとても難しいことになってくるので、利用者の方やその家族の方、ケアマネがいれば頼ることも大切ですし、多くの関係者の人と方向性を考えていくことが大切なのです。
また、生活の全体を見渡しながら、セルフケアの力を高めて、目標を達成するために必要となってくる健康状態をどう保持するのかという視点を盛り込んでいくことも大切です。これは、他のどの職種にもない独自性となっています。