訪問看護で働く為の研修

MENU

訪問看護で働く為の研修

新卒で、訪問看護の分野で働くという人は、ほとんどおられません。この分野で働く看護師の多くの方は、大きな病院やクリニックなどから転職をされた方がほとんどなのです。
看護師の仕事をいくらしていたからといっても、仕事内容な大きくかわるので、研修が必須となってきます。
しかし、未経験であるからといって、みんなが一律の研修をするわけではありません。今までの看護師としての病棟勤務の年数や、所属をしていた診療科によって経験が異なってきます。
そのため、それぞれにあったプログラムが用意されるので安心なのです。

 

しかし、実際に仕事を通じた教育訓練であるOJTに関しては、ステーションの規模や方針には関係なく、似たような方法がとられているのです。最初は、利用者さんの疾患やケアの内容などをしっかりと把握してから、利用者のお宅を先輩の訪問看護師と一緒に訪問をします。

 

そこで、相談の応じ方や挨拶の仕方、日常会話などを勉強するのです。また、ケアに必要となってくる物品の準備や、片付け、利用者の方に変化があった際の対応の方法など病棟での勤務と違う点をしっかりと学習するのです。
これを一通り理解をすることができたら、次は新人が中心となって、利用者さんのお宅をベテランの訪問看護師と一緒に訪問します。

 

規模の大きいステーションになってくると、独自の研修システムが構築されているところが多くあります。小規模なステーションで研修が充実していない場合は、全国訪問看護事業協会などが行っている勉強会などに参加をしてみるという方法もあります。