訪問ステーションにおける看護師の役割

MENU

訪問ステーションにおける看護師の役割とは

訪問ステーションにおける看護師の役割としては、在宅にて患者さんが安心して療養できるようにサポートをすることです。
患者さんのサポートはもちろん、患者さんの介護をしているご家族への精神的サポートの役割も果たしています。看護師は医師と連携して患者さんへの看護サービスを提供し、療養をサポートしていきます。

 

仕事の内容としては、健康状態をチェックしたり、リハビリなどの指導やサポート、医療器具の管理や点検、床ずれの予防のための体位変換、ドクターの指示による処置などといったケアや、清拭や入浴などいった生活全般のサポートなどがあげられます。

 

ご家族の方へのアドバイスなども仕事の一つです。訪問ステーションでの仕事では、ご家族への対応も大切な仕事になります。
在宅で介護に関わるご家族の負担は大きなものがありますので、ご家族の心の支えになる事も役割として求められます。患者さん本人と関わることはもちろん、ご家族とのコミュニケーションも大切にして、連帯感を持って介護にあたることができることができるようにしていく必要があります。

 

病院勤務などとは違った苦労もありますが、病院勤務では味わうことができないやりがいのある魅力的な仕事でもあります。コミュニケーション能力が向上することはもちろん、看護師として判断力を高めることができるなど仕事を通して成長していくことができます。訪問ステーションでの仕事は責任も大きいですし、大変な面はありますが、その分、やりがいのある仕事をすることができます。