福祉施設の訪問看護

MENU

福祉施設の訪問看護

福祉施設は、生活をする場です。訪問看護をする看護師は、医療者の視点から入居者の生活の全体を支援することが求められるのです。

 

福祉施設と病院との違いですが、まず、病院のように重篤な患者であったり、救急で処置が必要な患者が運び込まれてくることはありません。また、難病の患者の難しい看護をまかされるということもないのです。福祉施設で働く訪問看護師の仕事としては、食事や排泄の介助であったり、入浴の介助であったりさまざまなのです。
さらに、血圧測定であったり問診をしたりなど、入居をしている人、一人一人の体の状態をしっかりとチェックをすることがとても重要となってきます。

 

福祉施設では、バイタル測定や血糖値測定といった、健康管理をすることがとても大切になってきます。さらに、インシュリン注射や薬の管理、そのほか処置全般も、訪問看護師の大切な仕事になってきます。
さらに、訪問看護師というのは、介護スタッフが迷ってしまったときに、良い相談相手としてもしっかりしなければいけません。高齢者の方が多くおられるので、少しでもいつもと違った症状があった場合には、すぐに疑うことが大切になってきます。
たった一つに見落としが、取り返しのつかないことになる場合もあるので注意をすることが必要になってきます。医師としっかりと連絡をとりあって、すれ違いのないようにすることも必要です。施設の中での衛生管理などもとても大切な仕事となってきます。